TOEICのスコアを上げたい方必見!家庭教師業者6選

LINE UP

Home > TOEICの為の家庭教師について > 家庭教師から直接英語を学ぶことはTOEIC対策になります!

家庭教師から直接英語を学ぶことはTOEIC対策になります!

TOEICは学生だけでなく社会人も受験する非常に有名な英語検定試験の1つです。参考書や問題集で一人で勉強することもTOEIC対策になりますが、他の受験科目に比べてなかなか独習できないものです。TOEICにはリスニング問題とリーディング問題がそれぞれ100問ずつあって合計200問あります。そのため、読解問題をたくさん解く必要がありますが、この読解力を養うには講師から直接指導してもらわなければいけません。読解力は講師の真似をすることでしか身につきません。講義を受けた後に自分でも講師が説明したとおりに説明できるように何回も同じ問題を繰り返して復習します。そうすれば自然と読解力が定着していきます。読解力は人によっては1年程度も時間のかかることです。本ではなおさら身につきにくいです。そこでおすすめなのが家庭教師です。

英語が得意な家庭教師もしくはネイティブの家庭教師に教わると読解力が定着するだけでなく英単語の1つ1つのニュアンスもきちんと理解することができるようになります。英単語の意味は英和辞書に意味が書かれていますが、完全に一致するというわけではありません。たとえば、headという単語は「頭」を表しますが、日本語の「頭」と完全に一致するわけではありません。headは「頭」と「首」の両方を表します。「フランス革命でギロチンで多くの人が首を切られた」という日本語を英語にするときneckを用いては誤りです。「headが切られた」という表現をしないといけません。このような英語と日本語との違いも把握しておく必要があります。こうしたことは1人での勉強ではなかなか学ぶことはできません。

家庭教師に直接英語を学ぶことでTOEIC対策をするのは重要ですが、それだけで十分というわけではありません。TOEICで高得点を取るには英会話教材を使うこともおすすめです。英会話教材には実際の日常生活のさまざまなシーンで用いられるフレーズや単語が用いられています。TOEICはビジネスマンが英語圏に滞在したときに直面するシーンを題材にして問題が作成されています。そのため、専門用語が使われることが少なく、むしろ日常生活でよく用いられる単語や熟語を習得しておけば問題ありません。家庭教師から学ぶ日以外はこうした英会話教材を使った勉強も重要です。他にも、TOEICにはリスニング問題も出るので、ネイティブから発音の仕方を学んで聞き取り能力を高めておくこともおすすめです。

PAGE TOP