TOEICのスコアを上げたい方必見!家庭教師業者6選

LINE UP

Home > TOEICの為の家庭教師について > 発音をきちんと教えてくれる家庭教師を選ぶ

発音をきちんと教えてくれる家庭教師を選ぶ

TOEICの家庭教師を頼むときに、非常に重要なことがあります。それは発音の指導です。発音をきちんと教えてくれる人を選びましょう。海外体験のある人だったら、発音の指導はうまいことが予想できます。海外で実際に暮らしていたら、コミュニケーションに英語を使わなければなりません。そのためにどうしても英語の発音がうまくなります。この試験の前半100問は、リスニングの問題です。英語を正確に聞き取るには、自分が正確に発音できなければなりません。この試験で良い点数を取るには、どうしても発音をマスターする必要があります。特に覚えなければならないのは、よく使う英語の発音です。よく使う英語はリスニングの問題にもよく出題されます。発音をおろそかにしないで、生徒に丁寧に教えてくれる人を選びましょう。

初心者の方がこのテストを受ける時は、語彙力の向上が必要です。語彙力がないと、問題の意味が分からないこともあるので、この試験で良い点数を取ることはできません。試験を受ける前に、こつこつと単語を覚えていく必要があります、単語を覚える時に大切になるのも、発音です。英語はスペルと発音が異なっているので、きちんと発音できなければ、単語を覚えるのは不可能になります。生徒に教える時に、丁寧に発音の指導をしてくれる先生を選びましょう。英語の発音は簡単ではありません。しかし、先生に口の形を作ってもらい、その形を自分でも真似るにすれば、次第にうまく発音できるようになります。この方法は時間と手間がかかります。しかし、その2つを惜しんでいたら、英語の基礎的な力は身に付きません。発音を親身になって教えてくれる人を選びましょう。

英語のスピーキングの能力は、先生ごとに異なっています。英語の発音がうまい人は、スピーキングの能力も高いです。TOEICでは、スピーキングの問題は出されません。しかし、先生を頼む時にはスピーキングの能力も調べる必要があります。発音の指導をしてもらう時に、英文全体を読むこともあるからです。先生がきれいな発音をする人だったら、生徒もきれいな発音ができるようになる可能性が高いと言えます。先生の真似をして、発音を覚えようとするからです。さらに英文を読む時もきれいな発音で読める人だったら、生徒は英語の音に対して正確なリスニング能力を持てるようになります。これらのことを自分で調べるのは簡単ではありません。その先生の経歴やTOEICの点数、海外体験などから総合的に判断するようにしましょう。

PAGE TOP